webカメラの修理

先日いっこうさんとの観望会でガイド用のWebカメラ(Qcam pro 9000)がぶっこわれたので、修理をしました。
20110905-091134.jpg

ぶっこわれたと言っても、塩ビ管の筒とカメラ本体が離れてしまっただけなので、ホットボンドで接着します。
塩ビ管を接着する前に、先日誠報社で買ってきた植毛紙を菅の内側に張り付けました。
段違いになっちゃったのはご愛敬。
20110905-093648.jpg

レンズを取り外してカメラを改造した関係で、カメラ本体と塩ビ管との間に微妙にすきまがあいています。
すきまから光がもれていて、ガイドに影響があるかも知れません。
黒のホットボンドもあるそうなのですが、買ってくるのも面倒なので、外側から隙間の上に細く切った植毛紙を張り付けておきました。

さて、PHDGuiding でガイドカメラからの映像を映すと、なんだか縦線がたくさん入っています。
ガイド星をロストしてしまう原因にもなっていそうです。
さて、どうしたもんでしょうか・・・。
ちょっとカメラの設定をいろいろと試してみたいと思います

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

webカメラの修理」への6件のフィードバック

  1.  すごいねぇ。前回のステラナビゲーターネタ、天体ブログ村に参加してすぐに、人気記事1位じゃないですか。
     ガイドの森の迷子たち、九州方面は見捨ててこちらに救助にやってきました。
    『がんばれ~~~~~』
     精一杯応援させてもらいます。
    『がんばれ~~~~~』

    お役にたてたでしょうか。

    • いっこうさんどうもです。

      応援ありがとうございます。
      呪ったり、応援したりで忙しいですね。

      天気も回復しそうなので、いよいよ実践投入の時も近いです。

  2. こんにちは
    私も最初ホットボンドでつけていましたが、ガイド中に外れてしまったので、A剤とB剤を混ぜると固まる硬化パテ系がガッチリくっつきますよ。  そのかわり何かの理由で外したい時は壊すの覚悟ですが・・・
    カメラ画像ノイズが凄いですね。 長時間の撮影ならもっと出てしまうかもしれません。 少し露出かゲインを落とすか、ダークを引くかでしょうね。 色々やってみて下さい。  まるこうさんのガイド鏡は何でしょう?
    何等星くらいまでいけそうでしょうか。

    • かたくちいわしさんどうもです。

      昨日猫のおやつに「にぼし」をあげていて気がつきました。にぼしは「かたくちいわし」だったのですね。
      そんなことはさておき、ホットボンドはやはりダメですか、たしかうちにも表札を貼り付けたときのA剤とB剤を混ぜる超強力ボンドがあったから、それを試してみます。
      ガイドカメラのノイズはなんとかしなきゃですね。ガイド鏡は誠報社オリジナルで、D60mm、f420mmです。何等星までいけるかは、まだ試す機会がほとんどなくてわからないのが実情です。(^_^;)

  3. こんにちは。
    塩ビパイプって切断するのは難しいですよね。
    本やネットで調べてみると、回しながら切ると上手く切断できる…などと書いてありますが、上手く切れたことがありません(苦笑)、結局いつも最後はサンドペーパーを机に敷いて、手に持ってゴリゴリと修正してます。

    • さとうさんどうもです。
      塩ビパイプの切断は、回しながらカッターで筋をつけて切断しようとしましたが、もちろんそんなことで切断はできず、結局その筋を目安にノコでギーコギーコやりました。で、その後サンドーペーパーでしっかりごまかしておきました。(^_^;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中