寄る年波には勝てず

世間ではフジテレビの日ですが、私の誕生日です。本日40うん歳になりました。

この歳になると、だんだん体のあちこちにガタがきています。若いときには平気だった夜勤も最近はつらいです。

 

さて、天体撮影時、特にAdvanced-GTで表示される星の名前は英語です。星だけじゃなく全て英語です。USA製なので当然です。

アライメントする時に、かたくちいわしさんも書いていらっしゃいますが、英語で星の名前言われても困ってしまいます。

VegaやDenebくらいならかろうじてわかりますが。

また、あそこに輝いている星でアライメントしたい!って時に、英語名が知りたい場合があります。

かたくちいわしさんのようにPOCKET SKY ATLASなど星図を開くというのもいいですが、

私は、iPhoneのアプリ、「StarmapPro」を使っています。

このアプリはiPhoneのコンパス機能により、夜空に向けるとちゃんとその方向の星図を表示してくれます。こういう機能の星図アプリはたくさんありますが、

Starmapはちゃんと英語名で星を表示してくれます。

その他、望遠鏡の制御だとかアイピースやカメラに合わせて視野を表示したりだとか、超便利なのです。

 

 

ところがところがです!

 

iPhoneの画面の小さい文字がよく読めないのです。(実際はこの画像の1/9くらいです。)

離すと焦点が合うのですが、文字がさらに小さくなって読めません。

そうです。老眼です。

orz

 

星の名前の色を変えたりしてカスタマイズしてみましたが、ダメです。フォントの大きさも変えられません。

 

 

そこで、誕生日プレゼントに老眼鏡をリクエストしてしまいました。

 

んで、昨日作ってきました。

 

 

 

ちなみにエヴァンゲリヲン(ややこしいカナですな。)のシンジモデルというのらしいです。

エヴァンゲリヲンというのは私はよく知りませんが、なんだか発売初日とかで、店頭がすごく賑わっていました。

 

近くのものがすごくよく見えます!!

こんなことならはやく老眼鏡作ればよかった。

 

これで満員電車でも本が読めます。

 

あっ、オートガイドの件は天気が悪くて動かせてません。また後日書きます。(^_^;)