月刊天文ガイド

誠報社でTリングとフリップミラーを買ってきて撮影ができるようになったので、昼間遠くの鉄塔を望遠鏡で直焦撮影。

直焦撮影とは、望遠鏡に直接カメラを取り付けて、言わば天体望遠鏡を超望遠レンズとして使用するもの。

んー、このEOS Kiss DNはライブビューではないのね。残念。

一眼レフカメラの使い方がよくわかっていないので、写真が露出オーバーで白く飛んだり、逆に真っ黒だったり・・・・。

撮影も飽きて、図書館で月刊天文ガイドをたくさん借りてきて、天文のお勉強。

20110612-014324.jpg

広告