バーティノフ・マスク作成

こうも曇りや雨の日が続くと、天体望遠鏡に対するモチベーションが徐々に下がっていく。むこうに見える鉄塔はもう見飽きた。
大体、望遠鏡を手に入れてから、たった一度しか星を見ていない。つまらんのー。

そんな私を見かねたのか、バーティノフ・マスクを作成したらどうかといっこうさんが提案してくれた。

バーティノフ・マスクとはピント合わせに便利なもの。詳しい説明はここを参照。

望遠鏡の焦点距離や口径を入力すると、マスクパターンを作成してくれるページがある。
できたパターンをOHPシートに印刷。
パターンを変えて2枚作ってみた。

20110610-093708.jpg
あとは工夫して筒先に取り付ければよい。ちなみに買うと¥3,600もする。なんか得した気分。

使用レポートはまた後日。晴れたときに。

 

誠報社にてED102Sにカメラを取り付ける方法を相談。

やさしい店長さん即座に答えてくれた。さすがプロ。これでEOS Kiss DNが取り付けられるぞ!

20110610-094436.jpg

広告

バーティノフ・マスク作成」への4件のフィードバック

  1. OHPシートなら、切り抜かなくてもいいので楽ですな。
    筒先にバーティノフマスクをどうやって取り付けるかが問題。
    いっこうさん方式で、キャンドゥでちょうどいいケーキ型買ってきた。
    うまく出来たらブログで報告します。

  2.  ケーキ型、いいよね。あと、今注目しているのは、ホームセンターで売っている、流し台のとこにはめるゴムのふた。なんかうまく使えば見た目もばっちりの気がする。
     こういうこと考えたりするのも楽しいんだよね。
     工作もおもろいし(笑
     星をみるのがいちばんなんだけど、曇りの日がこうも続くとね……

  3. ピンバック: バーティノフマスクの作成 | Zero Gravity

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中